土用の丑の日はいつ?うなぎを食べる由来は?うなぎ以外に食べる物とは?

梅雨が過ぎて本格的な夏の暑さが訪れる頃が土用の丑の日。スーパーやコンビニ、うなぎ屋さんや通販などの大々的な売り出しは毎年の恒例行事となっていますね。でも、ふと考えたら「土用の丑の日とは?」「なぜうなぎなのか?」知らない方もきっといらっしゃるのでは。今回はその由来など、詳しく調べてみます。

 

土用の丑の日とはいつ?

土用とは?

土用は各季節にあります。

陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、(余った?)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。

  • 春の土用は 4月17日頃から立夏の 5月5日頃まで
  • 夏の土用は 7月19日頃から立秋の 8月7日頃まで
  • 秋の土用は10月20日頃から立冬の11月7日頃まで
  • 冬の土用は 1月17日頃から立春の 2月4日頃まで

「土用」とは中国の陰陽五行説に基づいたものだったのですね。「土用の入り」から「土用の明け」までの18日間、それだけの時間をかけて季節は移り変わっていくのです。

本来は年に4回ある土用ですが、現在では「土用」と言えば「夏の土用」を指すのが一般的となっています

丑の日とは?

十二支にあてはめて丑(うし)に当たる日の事を指します。

とても分かりやすく丑の日が分かる計算サイト様
↑日干支の所に「丑」があるのが「丑の日」となります。

つまり「土用の丑の日」とは「土用の期間内」にある「丑の日」のこと。
なので年によっては2回「土用の丑の日」がある場合も。

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのか?

土用のうなぎを広めたのは平賀源内?

本来うなぎの旬は秋~冬。どうしても味の落ちる夏のうなぎは売れ行きが悪かったそう。そこで商売に困っていたうなぎ屋が博学で有名だった平賀源内に相談したところ「丑の日に”う”の付く食べ物を食べると夏バテしない」との民間伝承から「本日丑の日」の店頭張り紙を提案。そのアイデアで大繁盛したのがきっかけで「土用の丑の日のうなぎ」が広まったと言われています。

万葉集にも詠まれていた!

原文
石麻呂尓吾物申夏痩尓吉跡云物曽武奈伎取喫
訓読文
石麻呂に吾(われ)物申す夏痩せに良しといふ物ぞ鰻(むなぎ)漁(と)り食(め)せ

これは大伴家持が、万葉集におさめた和歌。訳としては「私は石麻呂に”夏ばてにはうなぎが良いらしいから食べてはどうかと言った」となります。

昔から滋養強壮に効果のある食べ物としてうなぎが認知されていたことが分かる一句ですね。

夏バテにぴったり!うなぎの優秀栄養価

厳しい暑さの続く夏場は、どうしても食欲が落ちて夏バテてしまいます。
うなぎはそんな体調不良にとても効果的な栄養がたっぷり。

土用の丑の日だけでなく、いつでも取りたい食材ですね。
近年の値上がりでお財布には厳しくなっておりますが。

  • DHA(脳細胞の成長を促進・痴呆にも効果)
  • EPA(コレステロール・中性脂肪による病気予防に効果)
  • ビタミンA(ウィルスへの抵抗力が高まる)
  • ビタミンB1(立ちくらみの改善・疲労回復に効果)
  • ビタミンB2(エネルギー代謝を助け体調を整える)
  • ビタミンE(細胞老化を防ぎ、美肌効果がある)

 

うなぎの他にも土用の丑の日に食べられる食材とは?

古来より、夏の激しい暑さを乗り切るために身体に良いものを食す「土用の食い養生」をいう風習がありました。「土用の丑の日」にちなんで「う」の付くものが食べられます。この時期は体にこもる熱を排出するために適度な水分を取り発汗を促すと良いでしょう。まためまいや暑気あたりを起こしやすいですので鉄分やカルシウムも意識して取れると良いですね。

【梅干し】

梅干しには「クエン酸」が豊富に含まれます。良く知られている「疲労回復作用」に加え、体内のミネラルの吸収を助けるキレート作用による「抗酸化」に優れています。また夏場は気温と湿度が高くなり食材が傷みやすくなる時期ですが、「抗菌・殺菌作用」も高いです。

また老廃物を尿に排出する効果のあるカリウム、熱中症対策に塩分も含まれており、まさに「土用の丑の日」にぴったりな食べ物と言えるでしょう。

 

【瓜科の食べ物】

夏が旬の瓜科(すいかやキュウリ、ゴーヤなど)は水分とカリウムを豊富に含んでいます。厳しい暑さで体内にこもった熱を冷まし、水分や塩分の調節を行ってくれます。何だか体がだるいなぁ、あまり食が進まないなぁ、など夏バテの症状にはぴったりな効果を持つカリウム。他に筋肉の収縮を正常に保つ効果もあり、カリウムとナトリウムの両方をバランス良く摂ることが大切です。

 

【うどん】

つめたく冷やしたのど越しの良いうどんならば、食欲の落ちた夏場でも食べやすいのではないでしょうか。消化吸収も良いので、夏場に弱りがちな胃腸にも優しいですね。うどんに使われる中力粉には、

  • 疲労回復によいビタミンB1
  • 新陳代謝を促すビタミンB2
  • 疲労回復・利尿作用のあるカリウム
  • 赤血球を作り貧血予防に効果的な葉酸
  • 動脈硬化を防ぎ、免疫力を高めるビタミンE

その他にも良質なタンパク質と食物繊維も含んでいます。
「土用の丑の日」に限らず、熱い夏にぴったりな食材と言えそうです。

 

 

関連記事

  1. 七夕の日の由来は?使った笹の処分方法は?アイデアメニューとお飾り

    「ささのは さらさら のきばに ゆれる ♪」夏の風物詩である七夕。涼し…

  2. 季節のイベント・風習

    2018年の十五夜はいつ?お月見は満月になる?中秋の名月の由来とは

    暑い夏が終わり、涼やかな夜風を感じるようになってくると楽しみなのがお月…

  3. お盆の由来とは?時期はいつ?お墓参りの作法やお供えの準備について

    憂鬱だった梅雨が明けると夏も本番!楽しい計画がいっぱいの夏休みも間近で…

最近の記事

PAGE TOP