美容と健康

加齢臭(ノネナール)ってどんな臭い?男性女性で差はあるの?その原因と対策

よく耳にする「加齢臭」とは、その字のごとく「年齢を重ねるにつれて発するようになる中高年特有の体臭」のこと。最近では「スメル(臭い)ハラスメント」という言葉も出来ているくらい、臭いによって不快感を感じる方も多いようです。自分自身ではなかなか気付きにくいかもしれませんが、知らない間に「臭っている!?」事のないように、しっかりと対策したいですね。


加齢臭の元とは?どんな臭い?

加齢臭の元は「ノネナール」という物質です。

ノネナールは不飽和アルデヒドの一種であり、油臭くて青臭いニオイを有する。資生堂リサーチセンターの土師信一郎らによってヒトの体臭中にも存在することが見出され、加齢臭との関連が研究されている。

人の体は皮脂腺から分泌された皮脂により皮膚のうるおいを保っています。年齢を重ねるにつれてこの皮脂腺から「パルミトオレイン酸」と呼ばれる皮脂酸と「過酸化脂質」が増加してくるようになり、この2つが結び付き分解・酸化されると「ノネナール」となり不快な臭いの元となるのです。


「ノネナール」が一体どのような臭いなのか、すぐには想像つきませんね。具体的には「古くなった油」「押し入れの中のカビ」「ブルーチーズ」「ろうそく」に例えられます。確実に人に好かれる臭いではないですね。これらの臭いに心当たりがあるならば対策が必要となるでしょう。

加齢臭に男女差はあるのか?

一般的に加齢臭と聞くと、連想するのはマスコミで取り上げられた「オヤジ臭」という言葉ではないでしょうか?でも加齢臭が発生するメカニズムは男女共通。

男性の場合、タバコを吸う方の比率が女性よりも高かったり、毎日スーツを着たり、仕事で汗をかく機会が多かったりと、色々な臭いが混ざり合って加齢臭が目立つ傾向にあるかもしれません。

また逆に女性はより身だしなみ(臭い)に気を使い、デオドラントスプレーや良い香りの香水やシャンプー、化粧品などを使う為に加齢臭が目立たない傾向にあるため、「男性の方が加齢臭がする」と思われがちですが、根本的な加齢臭のメカニズムに差はありませんので、男女問わずケアすべきものなのです。

女性の加齢臭が強くなるタイミングとは?
女性ホルモンには皮脂分泌を抑える働きがありますが、その分泌が減少すると男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂が増えて加齢臭を発しやすくなります。タイミングとして35歳前後が女性ホルモンの分泌が減り始める時期だとされています。

 


加齢臭が増加してしまう要因とは?

生活習慣

加齢臭が発生するシステムは、生活習慣病のそれと大変よく似ています。年齢を重ね不摂生を続けていると血管にはコレステロールが溜まりますよね。同じように皮脂腺にも脂肪分が増え溜まっていくのです。分解される脂肪分が多くなる=ノネナールの量も多くなる=臭いが強くなるという悪循環が出来上がってしまいます。

活性酸素

活性酸素が体内で増えすぎると中には暴走するものがでてきます。それが脂肪酸と結びつくと「過酸化脂質」になり、「過酸化脂質」が変化の過程で不快な臭いの元となるのです。この臭い成分は「アルデヒド(先に述べたノネナールはアルデヒドの一種となります)」皮脂腺を通じて体外にでる時に悪臭を放ちます。

若いころにはホルモンがしっかり働いて活性酸素の発生を抑えてくれるのですが、年齢を重ねるにつれて(具体的には40歳頃から)ホルモン量が減り、活性酸素の抑制が出来にくくなってしまいます。

加齢臭を減らすには?

臭いを軽減させる食生活

皮脂(パルミトオレイン酸の原料となる肉類・バターやマヨネーズといった脂質の摂取を控えましょう。また活性酸素を減らす効果のあるビタミンC/ビタミンEを意識して取り、活性酸素によってダメージを受けた細胞の修復を助ける抗酸化物質を積極的にとりましょう。具体的な食材は以下の通り。

脂質 ビタミンC ビタミンE 抗酸化物質
肉類・バター・マヨネーズなど ブロッコリー・ピーマン・小松菜・ほうれん草・さやえんどう・青梗菜・にら・春菊・トマト・イチゴ・キウイ・オレンジなど アスパラガス・かぼちゃ・サツマイモ・うなぎ・鮭・鯖・サンマ・シシャモ・ブルーベリー・キウイ・アーモンド・玄米など カテキン(緑茶)・セサミノール(ごま)・ポリフェノール(赤ワイン)・イソフラボン(大豆・豆乳)など

 

ストレス解消で臭いと共に老化も防ぐ

加齢臭の元である過酸化脂質は、活性酸素によって増加します。そしてその活性酸素が発生する大きな原因がストレス。臭いを気にするあまりストレスが増えてしまうのは良くありません。

正しいケアをしたら、後は気にしすぎない、考えすぎない事がとても大切。活性酸素は老化の原因にもなっていますので、スポーツや趣味など、自分の好きなことに思いきり打ち込んでストレスを発散するのは一石二鳥の効果的な対策といえるでしょう。

その他

いかがでしたか?自分自身では気づきにくい「加齢臭」で知らない内に臭いで回りの人を不快にさせてしまわないようにしっかり対策したいですね。加齢臭の原因となる「ノネナール」の消臭率98%以上の全身ソープは是非お勧めしたいアイテム。毎日のお風呂でのケアなら、無理なく自然に続けられると思います。

また出先で人と会う時など、事前にシュッと一吹きしておくだけで嫌な臭いを超消臭衣類にする急速イオン消臭スプレー[ヌーラNULLA]も優れもののアイテム。バッグに入れておけば、いつでも臭いを気にせず安心。




関連記事

  1. 美容と健康

    つらい不眠・睡眠障害の解消方法とは?原因別の対処法とは?快眠に導く知恵と工夫

    眠りたいのに眠れない、とってもつらいですよね。夜の間に十分な睡眠がとれ…

最近の記事

PAGE TOP