マナー

冠婚葬祭の「冠」と「祭」とは何をさしているの?

私たちが普段の生活の中でよく耳にする「冠婚葬祭」。でも、「婚=婚礼」「葬=葬儀」までは知っているけれど、「冠」と「祭」が何を指しているのか実はよく知らない方もいらっしゃるのでは?今回は少し掘り下げて調べていきますね。

冠婚葬祭とは?

冠婚葬祭(かんこんそうさい)とは、人が生まれてから亡くなり、その後に行われるものまで含めた家族的催し物全般を指す言葉である。
出典|(Wikipedia)

本来「冠婚葬祭」は、元服・婚礼・葬儀・祖先の祭祀の四つの儀式をいった。しかし現在は、「冠」は人生の通過儀礼、「祭」は年中行事的な祭事の意味に使われている。

出典|「とっさの日本語便利帳」

元服・婚礼・葬儀・祖先の祭祀の四つの儀式から来た言葉だったんですね。これは儒教の思想から発生した四字熟語で「4文字のいずれもが人生の節目及び死後の扱われ方を指しており、このいずれをも滞りなく行う事で一人前だとみなす」とされています。

具体的な例が分かりにくい「冠」と「祭」について補足します。

元服に由来し、現代では「成人式」を指します。他にも「合格・進学祝」や「就職祝」、そして「七五三」や「還暦」なども加えて考えるのが一般的です。
一人の人間の『節目』についてのお付き合い(結婚・葬儀を除いて)と考えればよいでしょう。

先祖の霊をまつる事(法事)全般をさします。これらは祖先の霊をまつる事で人々が集まり、絆を深め繁栄を目指すという、日本人的な思想の基になっていると感じます。お盆などに帰省して祖先の墓参りをする人も日本にはまだまだ多いですよね。

この法事に「お盆」「正月」「七夕」「年末」「中元・歳暮」などを加えて考えるのが一般的です。
おおよそ、祖先礼拝を中心として・一年間の季節行事と考えます。

 

普段なにげなく使っている「冠婚葬祭」ですが、その意味するところは私たちの生活に根差した行事一般を幅広く指しています。この「冠婚葬祭」は親戚や近所の方々との付き合いや義理をはたす機会であったり、しきたりや慣習を伴う機会とも理解されています。